アルミ製品、ガラス、インテリアからエクステリア、網戸の張り替えまであなたの住まいのパートナー御殿場市大坂にある㈱都商会

日本の経済

RSS Feed

誰でも自分を養うだけのお金儲けをしなければならない。
力のある人はそれ以上のお金儲けが必要――。
この様に松下幸之助さんは説き、「金もうけ確保省」を置くくらいでないとダメだと主張しています。
「経営の神様」は国家の経営を企業経営に見立てました。
企業は社員に賃金を支払ってあまるほどお金を稼がなければ成長はない。
国の成長も同じというわけです。「首相は日本産業株式会社の社長」も持論でした。
100万円納税した人は150万円分の見返りを得られるようにすることが国の役割だといっていました。
民主党新代表に就いた野田佳彦さんは松下さんが国家経営を担う人材を育てようと設立下松下経営塾の第1期生です。
しかし代表戦での発言は少々物足りなかった。行政課威嚇に全力を挙げ、徹底して無駄を省く。それにはもちろん期待していますが、富の創造や成長への執念がうかがえる言葉はあまりきかえれなかったのが残念に思う。
この20年間、日本の経済は停滞し、賃金は伸び悩んだままです。
企業は毎年コスト削減に追われ続け、経営者も社員にも疲れが見られます。
このへんで閉塞状況に区切りをつけ、企業も国も成長する力を取り戻したいものです。
新首相になった野田さんには「日本経済株式会社の社長」として、その道筋を力強く語ってほしい。